医療に貢献する材料を創る -「医工連携」による新しい「バイオマテリアル」の開発を-
相澤研 受賞!

お知らせ

2016.12.21
16th Asian Bio Ceramics Symposium(ABC2016)(2014年12月5日~12月6日 オーストラリア・ブリスベンにて開催)で、以下の5名が発表いたしました。
<佐藤 平(D1)>
「Influences of particle size of hydroxyapatite/collagen nanocomposite powder on its injectable bone paste properties」
<小山秋彦(M2)>
「Fabrication of chelate-setting cements using octacalcium phosphate and their material properties」
<鈴木 来(M2)>
「Living reactions at rat subcutaneous tissue by implantation of tissue-engineered bone reconstructed from rat bone marrow mesenchymal stem cells using apatite-fiber scaffold settled into radial flow-type bioreactor」
<鶴見秀平(M2)>
「Fabrication of sponge-like porous hydroxyapatite/collagen composites immobilized with silver ions and their anti-bacterial activities」
<木造理萌子(M1)>
「Cellular responses of immune cells to glass ceramics in the CaO-P2O5-SiO2-B2O3 system」
2016.12.21
生体関連セラミックス討論会(2016年12月2日 大阪大学銀杏会館にて開催)で、以下の6名が発表を行いました。
<永田幸平(D3)>
「キレート硬化型βリン酸三カルシウムセメントの作製および材料特性に及ぼすイノシトールリン酸の表面修飾濃度の影響」
<玉澤成記(M2)>
a面を多く露出した水酸アパタイトセラミックスに対する骨芽細胞の接着・増殖性・分化」
<間 暁啓(M2)>
「異なるリン酸カルシウム相をもつキレート硬化型セメントのin vitro溶解性およびその生体適合性」
<水野理規(M1)>
「薬物代謝評価用小型アパタイトファイバースキャフォルドの作製とその評価」
<森田恵里香(M1)>
「ビーズ状アパタイトファイバースキャフォルドによる株化肝細胞の培養とその評価」
<吉田友資(M1)>
「高強度化アパタイトファイバースキャフォルドを用いて三次元培養した株化軟骨細胞の軟骨基質の定量」
2016.12.21
第38回日本バイオマテリアル学会(2016年11月21日~11月22日 福岡国際会議場にて開催)で、以下の7名が発表を行いました。
<鈴木 来(M2)>
「バイオリアクターを用いて構築した再生培養骨のラット背部皮下埋入による生物学的評価」
<玉澤成記(M2)>
a面を多く露出した水酸アパタイトセラミックスの作製とそのin vitro評価」
<並木亮太(M2)>
「水酸アパタイトセラミックスにドープした窒素の化学状態分析とin vitro評価」
<間 暁啓(M2)>
「クエン酸添加量の異なるキレート硬化型β-リン酸三カルシウムセメントの生体適合性」
<阿部航大(M1)>
「プロタミン担持リン酸水素カルシウムの調整とその抗菌性」
<木造理萌子(M1)>
「免疫系に積極的に働きかける新規なバイオセラミックスの創製とその免疫細胞応答性」
<針谷 諒(M1)>
「結合組織成長因子を担持させた水酸アパタイトセラミックスの作製とその生物学的評価」
2016.12.21
無機マテリアル学会 第133回学術討論会(2016年11月10日~11月11日 東北大学にて開催)で、以下の5名が発表を行いました。
<小山秋彦(M2)>
「リン酸八カルシウムを出発原料としたキレート硬化型セメントの材料特性」
<森 祐貴(M2)>
「テンプレート粒成長法によるc面を多く露出した板状アパタイトセラミックスの作製」
<水野理規(M1)>
「薬物代謝評価用小型アパタイトファイバースキャフォルドの作製とその評価」
<森田恵里香(M1)>
「ビーズ状アパタイトファイバースキャフォルドの作製と培養基材への応用」
<吉田友資(M1)>
「高強度化アパタイトファイバースキャフォルドによる株化軟骨細胞の三次元培養とその軟骨基質の定量」
2016.12.21
International Dental Materials Congress 2016(IDMC2016)(2016年11月4日~11月6日 インドネシア(バリ)にて開催)で、以下の1名が発表を行いました。
<阿部航大(M1)>
「Preparation of calcium hydrogen phosphate loaded with protamine and its anti-bacterial property 」
2016.12.21
28th Symposium and Annual Meeting of the International Society for Ceramics in Medicine (Bioceramics28)(2016年10月18日~10月21日 アメリカ ノースカロライナ州シャーロットにて開催)で、以下の3名が発表を行いました。
<永田幸平(D3)>
「Fabrication of chelate-setting β-tricalcium phosphate cements with enhanced bioresobability and their material properities 」
<並木亮太(M2)>
「Chemical state of nitrogen in nitrogen-doped hydroxyapatite ceramics with enhanced bioactivity 」
<針谷 諒(M1)>
「Fabrication of hhydroxyapatite ceramics with enhanced osteoconductivity using connective tissue growth factor and its biological evaluation 」
2016.9.30
The 9th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials (ISIPM-9)(2016年9月25日~9月28日
首都大学東京 南大沢キャンパスにて開催)で、以下の4名が発表を行いました。
<横田倫啓(D2)>
「Fabrication of Zn-substituted tricalcium phosphate ceramics by ultrasonic spray-pyrolysis technique and some properties 」
<玉澤成記(M2)>
「Fabrication of hydroxyapatite ceramics with preferred orientation to a(b)-plane and its solubility 」
<間 暁啓(M2)>
「Comparable study on in vitro solubility and initial cell attachment of novel chelate-setting cements with various calcium-phosphate phases 」
<森 祐貴(M2)>
「Control of Ca/P molar ratio of plate-shaped apatite powders with an a(b)-axis orientation and their changes after heating 」
Laboratory of Biomaterials Department of Applied Chemistry School of Science and Technology Meiji University