Nagai Research Group

閉じる
Menu

執筆した専門書

執筆した専門書

  • Synthetic Polymeric Membranes for Advanced Water Treatment, Gas Separation, and Energy Sustainability
    A. F. Ismail, W. N. W. Salleh, and N. Yusof eds., Elsevier, Cambridge (2020) ISBN 978-0-128-18485-1, S. Sato and K. Nagai, Synthetic Polymer-based Membrane for Acidic Gas Removal.
  • Polymers and Polymeric Composites: A Reference Series
    S. Palsule ed., Springer Nature, Heidelberg (2019) ISBN 978-3-642-37179-0, S. Ando, S. Sato, and K. Nagai, Gas permeation and barrier properties of liquid crystalline polymers, pp.67.1-67.25; S. Sato, H. Matsumoto, S. Matsumoto, and K. Nagai, Photoalignment of liquid crystal molecules using fluorine-containing polyimides, pp.68.1-68.29.
  • 包装技術便覧
    日本包装技術協会, 東京 (2019), 第9編4執筆, 谷口奈織美, 永井一清, 気体透過特性, pp. 2114-2144.
  • Comprehensive Membrane Science and Engineering, second edition
    E. Drioli, L. Giorno, and E. Fontananova eds., Elsevier Science (2017) ISBN 978-0-444-63796-3, S. Kanehashi and K. Nagai, 2.8 Fundamentals and perspectives for pervaporation, Volume 2, pp. 191–225.
  • ポリイミドの機能向上技術と応用展開
    シーエムシー出版, 東京 (2017) ISBN 978-4-7813-1243-9, シーエムシー出版編集; 第2編第7章執筆, 岩佐怜穂,風間伸吾,永井一清, ポリイミドハイブリッド膜のガス透過性とガス分離性; 第3編第3章執筆, 風間伸吾,永井一清, ポリイミドガス分離膜の設計開発.
  • CO2削減、省エネに関する新技術、採用事例、規制対応
    技術情報協会, 東京 (2017) ISBN 978-4-86104-671-1, 第2章第12節執筆, 風間伸吾,永井一清, エネルギー・食糧の自給率向上にもつながるCO2削減の技術展望:分離膜を活用したバイオエタノールの生産の現状と可能性, pp. 115-125.
  • Reference Module in Materials Science and Materials Engineering
    S. Hashmi ed., Elsevier (2016) ISBN 978-0-12-803581-8, N. Taniguchi and K. Nagai, Liquid crystalline polymers: Diffusion, pp.1-5.
  • Membrane Characterization
    N. Hilal, F. Ismail, T. Matsuura, and D. Oatley eds., Elsevier (2016) ISBN 978-0-444-63776-5, S. Kanehashi and K. Nagai, Chapter 3 Gas and vapor transport in membranes.
  • Encyclopedia of Membranes
    E. Drioli and L. Giorno eds., Springer (2015) ISBN 978-3-662-44324-8, S. Ando, S. Sato, and K. Nagai, Dealcoholization by pervaporation, pp.934.1-934.2.; R. Shindo, S. Kanehashi, and K. Nagai, Hyperbranched polyimides, pp.300.1-300.2.
  • Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials
    S. Kobayashi and K. Müllen eds., Springer-Verlag Berlin Heidelberg (2015) ISBN 978-3-642-29649-9, T. Masuda and K. Nagai, Section Editor of Polymers for Separation, Recognition, and Catalysis.
  • Membrane Fabrication
    N. Hilal, A. F. Ismail and C. Wright eds., CRC Press, London (2015) ISBN 978-1482210453, S. Sato, R. Shindo, S. Kanehashi, and K. Nagai, Chapter 3 Control of crystallization of poly(lactic acid) membranes.
  • ポリエステルフィルムの最新開発・市場動向
    シーエムシー出版, 東京 (2015) ISBN 978-4-7813-1086-2, シーエムシー出版編集; 第4章執筆, 吉岡哲朗,永井一清, バリアフィルム.
  • エネルギー・化学プロセスにおける膜分離技術
    喜多英敏監修,S&T出版,東京(2014) ISBN 978-4-907002-42-8,第2章2節執筆,風間伸吾,永井一清,ポリイミド膜の開発と応用,pp.435-444.
  • バリア技術
    永井一清編著,バリア研究会監修,共立出版,東京(2014) ISBN 978-4-320-04447-0.
  • 最新 材料の性能・評価技術
    産業技術サービスセンター,東京 (2014) ISBN 978-4-915957-92-5, 第6章6節執筆,永井一清,ガスバリア性,pp.435-444.
  • 最近の化学工学63 – ここまできた膜分離プロセス-基礎から応用-,化学工学会編
    三恵社,東京 (2014) ISBN 978-4-86487-178-5, 第4章執筆, 永井一清, ガスバリア膜, pp. 27-37.
  • 最先端材料One Point 6 - 高分子膜を用いた環境技術, 高分子学会編
    (第6巻代表執筆者 永井一清), 共立出版, 東京 (2012) ISBN 978-4-320-04430-2, 第1章執筆, 永井一清, 環境技術を支える高分子膜, pp. 1-12.
  • Sustainable Membrane Technology for Energy, Water, and Environment
    A. F. Ismail and T. Matsuura eds., Wiley, Hoboken (2012) ISBN 978-1118024591, 第6章執筆, S. Kanehashi, S. Sato, and K. Nagai, Polymer structures and carbon dioxide permeation properties in polymer membranes, pp. 61-73; 第7章執筆, S. Sato, S. Miyata, S. Kanehashi, and K. Nagai, Gas permeability and electrical properties of 6FDA-based polyimide membranes, pp. 75-86.
  • 最新バリア技術~バリアフィルム、バリア容器、封止材・シーリング材の現状と展開~
    シーエムシー出版, 東京 (2011) ISBN 978-4-7813-0507-3, 永井一清, 黒田俊也,山田泰美, 狩野賢志, 宮嶋秀樹編集; 第1章第1節執筆, 永井一清, 均質構造, pp. 1-12; 第3章第1節執筆, 永井一清, バリア性の評価方法, pp 92-102.
  • Comprehensive Membrane Science and Engineering: Membrane Operations in Molecular Separations
    Enrico Drioli and Lidietta Giorno eds., Elsevier Science (2010) ISBN 978-0444532060, K. Nagai, Fundamentals and perspectives for pervaporation, Volume 2, pp. 243–271.
  • 実践 高分子の構造・物性分析・測定
    サイエンス&テクノロジー, 東京 (2010) ISBN 978-4-903413-91-4, 第15章執筆, 永井一清, ガス透過性/ガスバリア性の測定・分析, pp. 262-284.
  • Membrane Gas Separation
    B. D. Freeman and Yu. Yampolskii eds., Wiley, NY (2010) ISBN 978-0-470-74621-9, 第1章執筆 S. Kanehashi, S. Sato, and K. Nagai, Synthesis and gas permeability of hyperbranched and cross-linked polyimide membranes.
  • 太陽電池に用いられるフィルム
    樹脂の高機能化とその応用,技術情報協会, 東京 (2010) ISBN 978-4-86104-313-0, 第1章第4節執筆, 永井一清, バリアフィルムにおけるバリア性の測定・評価, pp. 55-62.
  • バリアフィルムの高機能化・評価
    技術情報協会, 東京 (2010)第5章執筆, 永井一清, バリア性の劣化メカニズムとその解析手法, pp. 249-258.
  • 最新ポリイミド-基礎と応用-
    日本ポリイミド・芳香族系高分子研究会編,エヌ・ティー・エス (2010) ISBN 978-4-86043-273-7, 第2編第Ⅱ部第5章執筆, 兼橋真二, 佐藤修一, 永井一清, ポリイミド分離膜・透過膜, pp. 365-376.
  • Handbook of Membrane Research : Properties, Performance and Applications
    S. V. Gorley ed., Nova Science Publishers, NY (2009) ISBN 978-1-60741-638-8, K. Nagai, Materials design of gas separation polymer membranes.
  • Macromolecular Engineering
    K. Matyjaszewski, Y. Gnanou, and L. Leibler eds.,Wiley-VCH, NY (2007) ISBN 978-3-527-31446-1, 第4巻12章執筆. K. Nagai, Y. M. Lee, and T. Masuda, Part 4, Chapter 19 Polymeric membranes for gas separation, water purification, and fuel cell technology, pp. 2451-2491.
  • 気体分離膜・透過膜・バリア膜の最新技術
    シーエムシー出版, 東京 (2007) ISBN 978-4-88231-680-0, 永井一清監修; 第2章第1節執筆, 永井一清, 膜構造と分離性・透過性・バリア性, pp. 52-59; 第3章第1節執筆, 永井一清, 膜の分離性・透過性・バリア性評価, pp 88-100.
  • フィルム・ガラスの表面処理技術とその評価・分析
    情報機構, 東京 (2007) ISBN 978-4-901677-88-2, 第5章第5節執筆, 永井一清, ガスバリア性評価, pp. 220-228.
  • 2006 燃料電池・水素技術開発ロードマップ~今後取り組むべき技術課題~
    NEDO技術開発機構 (2006)
  • Materials Science of Membranes for Gas and Vapor Separation
    Yu. Yampolskii, I. Pinnau, and B. D. Freeman eds., Wiley, NY (2006) ISBN 978-0-470-85345-0, 第8章執筆 T. Masuda and K. Nagai, Synthesis and permeation properties of substituted polyacetylenes for gas separation and pervaporation, pp. 231-250.
  • コンバーティング・テクノロジー便覧
    加工技術研究会, 東京 (2006) ISBN 4-906451- 33-0, 第4編2執筆, 永井一清, ガス・蒸気透過度測定評価, pp. 478-485; 第5編7執筆, 永井一清, 膜技術,pp. 722-728.
  • ナノファイバーテクノロジーを用いた高度産業発掘戦略
    シーエムシー出版, 東京 (2004) ISBN4-88231- 424-X,第10章第2節執筆, 永井一清 エアフィルター, pp. 377-384.
  • 高分子材料・技術総覧
    産業技術サービスセンター, 東京 (2004) ISBN 4-915957- 43-8,第4章第9節執筆, 永井一清,気体分離膜,pp. 572-577.
  • ハイバリア材料の開発・成膜技術とバリア性の測定・評価方法
    技術情報協会, 東京 (2004) ISBN4-86104- 042-6,第5章第2節執筆, 永井一清,バリア性の劣化メカニズムと解析, pp. 359-368.
  • Advanced Materials for Membrane Separations
    ACS Symposium Series 876, American Chemical Society (2004) ISBN0-8412-3833-2, 第9章執筆, K. Nagai and T. Nakagawa, Gas permeation properties of silane-crosslinked poly(propylene oxide), pp. 139-153.
  • フィルムの分析評価技術
    情報機構, 東京 (2003) ISBN4-901677- 20-9,第2章第1節執筆, 永井一清,ガスバリア性評価, pp. 115-128.
ページトップへ戻る