ゼミ関係者の皆様へ

■nowhere landとは
 森下ゼミナールでは1998年度より、卒業生による組織、nowhere landを運営していくことになりました。
 1997年度からゼミ生全員参加で、アイディアを出し合いながら、OB会名称、トレードマーク、会誌名、その理念と運営指針、運営計画作りを進めてまいりました。組織名称は、「nowhere land」、トレードマークは「さぼてん」、会誌名も「さぼてん」といたしました。

 これらの名称やトレードマークには各々由来があります。
まず、組織名称「nowhere」とは、普通「どこにもない、どこにもいない」という意味ですが、「w」と「h」の間で区切って読むと、「now here」。つまり「いまここにある、いまここにいる」という意味になります。
 このように二重の意味を持たせたところに、面白みがあると言えます。メンバーはインターネットに限らず、様々な情報を積極的に受発信しています。「情報の受発信者は、現実空間上では、相互に隔絶されたところにいるが、それでいて手元にあるようでもある」という意味を、上手く表したネーミングではないかと思われるのです。
 また、「こんなにすごいゼミはどこにもないぞ」という、唯我独尊的な意味合いにも受け取れられるかもしれません。また、「land」を付けることによって、団体であることも同時に表しています。そのため、直訳して「空想の国」と捉えると、メルヘンチックであたかも「理想的な組織」であることを表さんとする呼称でもあります。

 つぎに、OB会トレードマークと会誌名「さぼてん」は、前述した組織名からすると妙なネーミングかもしれません。
 このサボテンは栽培するときに、「ほとんど手間が要らない」という特徴を持っています。そこでこのサボテンの姿を、私たちは「自主的に動く」、それでいて「人々を楽しませる花を咲かす」、つまり「自律的且つ人に貢献できる」という含みを持った植物と考え、その名称を会誌に借りました。

OB会設立にあたって(第1期生 竹内克成)
 1998年度からOB会が発足するに伴い、今後の体制を整えるべく、基本理念と行動指針を考えました。第1期生ということで大まかな枠組みを作ることしか、現時点ではできません。1998年度の新体制としては、nowhere land会長を新卒生に置き、nowhere land運営委員会を現役4年生に置きたいと思います。
 そして、これを出発点として、今後蓄積されていく教訓と反省を活かし、毎年、改善を促せるシステムを作り上げていきたいと考えます。

■基本理念
・OB会活動を通じて内外との密接な人間関係を築く。
・TMSOBとして、後輩の指導・育成・支援を行う。
・情報の大きな発信源となり、また受け皿ともなる。
・会員の誰もが楽しめる活動にも、力を入れる。
・OB会活動を通じて、社会に貢献する。
■行動指針
・「そのこと」は、OB会の方針や目標に沿うものですか。
・「そのこと」は、1年前と比べて変化があることですか。
・「そのこと」は、あなた自身の向上につながることですか。
・「そのこと」は、周囲の人も楽しめることですか。
*もし、自分だけでは判断できない場合、会長に聞いてください。
■運営方針
・基本理念を徹底し、活動の透明性を図る。
・時間厳守・約束遵守を貫く。
・OB会メンバーの自発的な活動により、内部活性化を進める
・原則として、OB総会の全員出席を強く促す。
・OB総会は、毎年、異なる場所、異なる形態で行う。
・OB会誌、「さぼてん」を6ヶ月毎に発行する。
・メーリングリストを利用した情報収集を、OBに日常的に促す。
・総会は年1回、12月の第2土曜日か第3土曜日に行う。
・運営委員会の運転資金を総会時に徴収する。
・詳細決定を現役4年生と会長が行い、教員を相談役とする。
・前年と同じ体制で、総会は行わない。
・総会の報告をホームページ上で公開する。
・研究、学習、自己研鑽のみならず、皆が楽しめる趣味活動を行う各種専門部会の創立を促す。
・運営委員会は、会長と密接に連絡を取り合う。

■活動月報
 2012年度から、毎月配信致しております、森下ゼミナール活動月報を当サイトでも閲覧できるように致しました。
 OB・OGの皆様方が、森下ゼミナールの活動内容を把握できますよう、随時更新していきます。


2019年度4月月報(file.pdf)
2019年度5月月報(file.pdf)
2019年度夏季OB会活動報告(file.pdf)
2019年度7月月報(file.pdf)
2019年度8月月報(file.pdf)
2019年度9月月報(file.pdf)
2019年度10月月報(file.pdf)
2019年度11月月報(file.pdf)
2019年度冬季OB会活動報告(file.pdf)
2019年度1月月報(file.pdf) new!

2018年度までの月報はこちら

このページのトップに移動

太字は新OBの就職先
■製造業・建設業・鉱業
小松製作所 集英社 イシダ 三和シャッター工業 加茂繊維 Joyson Safety Systems JAPAN アマダ アイダエンジニアリング 島津製作所 日本製鉄 小野薬品工業 不二越 日東工器 ソディック オークマ 三菱アルミニウム 小野測器 丸和 ハマサン ビューテック カルソニックカンセイ 京セラドキュメントソリューションズ 日酸TANAKA しのはらプレスサービス 岡村製作所 日本電子 平田機工  マルマテクニカ リングアンドリンク オーデリック 日新シール工業 アルインコ 七星科学研究所 沢井製薬 八千代工業 安川電機 富士フイルム 日立製作所 オリンパス 金子製作所 住友林業 森永乳業 帝人 ファナック 日本ガイシ 横浜ゴム DHC ヤマハ発動機 ウシオ電機 シロキ工業 キーエンス トヨタ自動車東日本(旧 セントラル自動車) ノリタケカンパニー 日本HP(旧 コンパックコンピュータ) 富士重工業 リコージャパン ミサワホーム 河合楽器製作所 セイコーエプソン NECプラットフォームズ(旧 日通工) 三和テッキ ニフコ 日研工作所 ボッシュ(旧 ボッシュオートモーティブシステム) ローム 牧野フライス製作所 スタンレー電気 カネダイ LIXIL 日本シイエムケイ シンワ測定 

■運輸・電気・通信業
京王バス JBCCホールディングス 日本通運 鴻池運輸 西濃運輸 ジーエスケイ 日新 ANAテレマート 日本トランスシティ アイティーフォー 東計電算 駿和物流 神奈川中央交通 アイネット リコーロジスティクス ヤマト運輸 ヤマトシステム開発 諸星産業 NTTドコモ 

■金融・不動産業・保険
アフラック生命保険 北海道労働金庫 タキヒヨー 浜松信用金庫 空港施設 みずほHD 横浜銀行 北洋銀行 中小企業金融公庫 いちよし証券 ライフ JA三井リース(旧 三井リース) 西日本シティ銀行 東海東京証券 損害保険ジャパン日本興亜(旧 日本興亜損害保険) 中央労働金庫 東京建物 三菱東京UFJ銀行(旧 東京三菱銀行) 第四銀行 八十二銀行 エイアイジー・スター生命保険(ジブラルタ生命保険)

■卸・小売業、飲食店
月星商事 パール金属 マクニカ オカベ ニトリ 全日空商事 ドンキホーテ マツモトキヨシ イトーヨーカドー 三洋貿易 コパスティックジャパン トラスコ中山 東急百貨店

■サービス業・ソフトウェア業
日本ユニシス ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム パーク24 セールスフォース 日本経営 大塚商会 首都圏リース みらい政策研究機構 休暇村協会 日本ビューホテル 日新情報システム開発 オービック 楽天 創造経営センター マイクロソフト アイヴィス インテック JVプロデュース ホールマン 森ビル流通システム 日本情報産業 キヤノンソフト情報システム(旧 蝶理情報システム) ビジネスコンサルタント P&Dヒロサワ 日本公文教育研究会 SAPジャパン ディスコ 大和総研 エース事務機 アビームコンサルティング フリール トーハン 日本音楽著作権協会 経済情報センター NECインフロンティア ぎょうせい総合研究所 ダイナム エコ・プラン 立川経理 マリオネットコーポレーション

■公務
全国中小企業団体中央会 大分県警察本部 熊本市役所 日本商工会議所 名古屋商工会議所 東京商工会議所 東京都中小企業団体中央会 品川区役所 下松市役所 千葉県中小企業団体中央会 志木市役所

■起業
個人企業を起業 Art-Value ブリングアウト メンタルヘルステクノロジーズ Avenir 計6名(内3名 個人企業)、明治大学大学院(進学3名)

このページのトップに移動

■卒業論文テーマ一覧
過去の卒業論文テーマはこちら

■一部23期生卒業論文紹介

【一部第23期生卒論】
【A班】
『産地企業の持続的発展に資する研究』
【B班】
『持続的発展に資する中小宿泊業の生産性向上に関する研究』


※上記の卒業論文は、研究成果として、共同研究卒業論文として自費出版を重ねて参りました(2019年度分まで全て国立国会図書館に寄贈)。また、共同研究卒業論文は、調査にご協力いただいた企業様にも謹呈させていただいております(現在は印刷物ではなく、当ホームページにて配布しております)。
このページのトップに移動

目次

ob/og会情報
就職先一覧
研究成果一覧(卒論)
卒論概要

当ページについて

このページは森下ゼミナールの卒業生に向けて、現役生の活動やob会についての連絡を公表するページです。