■これから来る新3年生へ向けて

 このページでは私たち森下正《中小企業論》ゼミナールの紹介はもちろんのこと、これからゼミを選ぶ新3年生にとってきっと役立つだろう情報を、できるかぎり提供していきます。
 是非よく考えて、ゼミの選択を行ってください。その上で、私たち森下ゼミが選択肢の一つとなり、最終的に選択して頂けたら光栄です。
 それでは、私たちの活動内容をご覧ください。右の目次からどうぞ!


●日々のゼミ活動

・プロゼミ(週一)      ・外書講読(週一)
・サブゼミ(週一:前期のみ)  ・毎月課題本1〜2冊
・各種課外活動         ・調査活動

・プロゼミ
プロゼミの時間は、毎回与えられた課題本をもとにグループ毎に一つのレジュメを作成し、
そのレジュメを使ってプレゼンテーションを行います。
ゼミ生の発表の後、先生からコメントを頂く形で授業は進められますが、 発表は毎週全班行うので、平日の勉強時間は長いものとなります。
しかし、得られるものは計り知れません
中小企業についての基礎知識の他、 同期との議論が活発になるため、論理的な思考方法も磨かれていきます。

〜プロゼミで使用した本〜
 4〜7月:中小企業・ベンチャー企業論 グローバルと地域のはざまで

加えて、参考文献を多数使用することになります。
必要となるジャンルが多岐にわたるため、次第に様々な知識が身に付きます!


・毎月の課題本
指定の課題本に関する感想文を毎月1〜2冊分提出します。
感想文だけでなく、自分の意見を述べることも必要となるため、
日々の勉学が活かされる内容となっています。
定期的な課題で文章力が向上すると共に、
プロゼミと同じく多面的な知識を得ることができます。

〜課題本一覧〜
現3年:『商人道「江戸しぐさ」の知恵袋』
『リストラなしの「年輪経営」』
『トヨタ生産方式の逆襲』『あの会社はこうして潰れた』『シリコンバレー最強の仕組み』
『あの同族企業はなぜすごい』『完全なる経営』『グローバルビジネスの隠れたチャンピオン企業』
『「不思議な会社」に不思議なんてない』『自滅する企業:エクセレント・カンパニーを蝕む7つの習慣病』
『いま伝えたい!子どもの心を揺るがす“すごい”人たち』『企業生命力』
『トヨタ物語(強さとは「自分で考え、動く現場」を育てることだ)』

現4年:『商人道「江戸しぐさ」の知恵袋』
『リストラなしの「年輪経営」』
『生命の暗号@、A』『トヨタ生産方式の逆襲』『五感経営 産廃会社の娘、逆転を語る』
『シリコンバレー発アルゴリズム革命の衝撃 Fintech,IoT,Cloud Computing,AI、アメリカで起きていること、これから日本で起こること』
『完全なる経営』『グローバルビジネスの隠れたチャンピオン企業』
『「衝動」に支配される世界---我慢しない消費者が社会を食いつくす』
『自滅する企業 エクセレント・カンパニーを蝕む7つの習慣病』
『破綻──バイオ企業・林原の真実』『企業生命力』
『共生共益を実現する人づくり経営』


・外書講読
英語で書かれた経営に関する一冊の本を訳し、内容をまとめ、考察を加えたレジュメを作成し、 個人で作業、発表を行います。
私たち22期生は、『Women Entrepreneurs ONLY』という、戦前から戦後にかけて、アメリカの経済や産業の発展に大きく貢献した人物についての文献を使用しました。
私たちの外書購読の特徴は、ただ本を訳すことではなく、そこから自分たちで深く探り込んでいくということにあります。
ビジネスが成功した理由や、その裏にある人物像や時代背景を追うことで、様々な知識を獲得していきます。
実際にビジネスの世界で使われている英語や、論理的な文章の読み方を習得することが可能です。
ただし、文章訳自体は高校卒業程度の英語力があれば十分です。

・サブゼミ
サブゼミの時間は同期生だけで集まり発表を行います。
今年度は、会計関連の本を1冊と、中小企業診断士関連の本1冊を取り扱いました。
サブゼミもプロゼミ、外書講読と同様に、3年の後期から始まる卒論の章立て・執筆に向け、基礎的な力を得ていく時間となります。
先生、先輩抜きで、同期生のみで集まるので、
自主性が磨かれ、 プロゼミ以上に同期と熱く議論し、切磋琢磨する場です。


・課外活動
課外活動は普段の授業や調査活動以外に年数回行われます。
2017年度は、埼玉県秩父市、新潟県燕・三条地域の2か所で、
各地域の企業経営者が集まる研究会に参加させていただきました。
研究会に赴く一方、現地でのヒアリング調査活動企業経営者の方との懇親会も行われています。


8月には、東京都中野区で行われるお祭りに、商店街振興ということで参加させていただきました。 お祭りには自分たちで企画したゲームを出店しました。また、かき氷、焼きそばといった商店街の方々が出店している他の出店の手伝いも行います。
さらに、同地域の御神輿にも参加させていただくなど、地域の人との貴重な交流機会となりました。


・OB会


OB会では様々な世代の先輩と話をする機会を得られます。
森下ゼミナールは今年で22年目を迎え、数多くの先輩方がいらっしゃいます。
OBの方の中には実際に起業されている方もいらっしゃるので、
当日は、普段は聞けないようなお話を多く聞くことができます。


・調査活動
森下ゼミナールの 一番の目玉活動です。
調査活動では実際に様々な地域の企業を訪問し、経営者の方に直接お話を伺います。
例えば、創業の経緯や経営理念、経営の特徴、組織の内部統制、会計、物流、人材育成、事業継承などについて質問し、中小企業の現状についての理解を深めていきます。また、工場を見学させて頂けることもあります。
調査の前には、自分たちでほぼすべての準備を行います。依頼状を発送する企業を探していくうちに、地域ごとの産業の特徴を学んでいくことができます。
調査活動は経営の現場を学ぶことができる貴重な機会であり、私たちが開催する懇親会に参加して下さる経営者の方もいらっしゃいます。
このような場は、社会人としてのマナーを学んでいく上でも非常に有益な場です。
・過去調査実績

北海道 旭川 猿払
東北 花巻 北上 古川 仙台 山形
関東 台東区 墨田区 板橋区 大田区 狭山 川越 秩父 川口 日立 桐生 みどり 宇都宮 八王子 西多摩 昭島 川崎
甲信越  三条 十日町 佐久 上田 坂城 丸子 甲府 富士吉田 都留 南都留 大月 諏訪 岡谷 飯田
北陸 金沢 高岡 砺波 福井 鯖江 坂井 富山 立山
東海 静岡 掛川 浜松 刈谷 豊田 名古屋 四日市 鈴鹿 桑名 磐田 豊橋 岡崎 みよし 湖西
近畿 京都 東大阪 大東
中国・四国 倉敷 宇部 山陽小野田
九州 北九州 中津 延岡 宮崎 都城
※太字・下線は本年度訪問




2018年度 森下ゼミナール年間活動実績(一部予定)    
5月
夏季バーベキュー大会
    燕三条研究会 委託研究調査(分担) 
6月
夏期OB会
7月
 埼玉県川口地域 ヒアリング調査(全員)
8月
中野あいロード祭り
夏季工場視察(株式会社SUBARU 矢島工場)
夏季納会
愛知県豊田市 ヒアリング調査(全員)
9月
卒論下準備、卒論班分け、執筆準備
10月
燕三条工場の祭典
11月
    
静岡県掛川地域 商工まつり(全員)

卒業論文執筆開始(3年次)
2018年度ゼミナール入室試験
12月
冬季工場視察(本田技研株式会社)予定
冬季納会
冬季OB会
1月
新年会・教養ゼミ送別会
2月
第1回卒業論文 中間発表
3月
新人研修会
静岡県浜松市 ヒアリング調査(全員)

以上が当ゼミナールの概要となります。
森下ゼミはプライベートな時間が少なくなります。
しかし、本腰を入れて何かを勉強していくことが、大学生活の目的でもあります。
残り2年間の大学生活を、私たちと共に過ごしてみませんか。
我々とともに、人として成長していきましょう。

このページのトップに移動


 森下先生は明治大学政治経済学部の《中小企業論》の専任教授で、多くの経営者の方と実際に対話をして研究をしております。そのため、森下先生は現場の声を何よりも大切に考えていらっしゃる方です。そのような「生の声を聞くことでしか得られない情報」を日々求め全国を飛び回っている非常に精力的な教授です。
 また全国で講演なども行っており、日々の研究成果を活かして地域のための様々な活動を行っております。そのような大変忙しいスケジュールの中で先生は日々を過ごしていますが、決して学生に関心が薄いと言うわけではありません。先生の熱意は私たち学生にも向いています。時間の取れる時はゼミ生の指導や、飲み会を通じた交流も積極的に行っていただいております。
 そうした教育への姿勢のためか、当ゼミのOB会は活発で参加者数も多く、卒業後も先生を慕う卒業生は少なくありません。

 学生から見た森下先生は、「熱い!」先生です。初めはそのパワーに気圧されることもあるでしょうが、こちらからぶつかっていけば意外な一面も見られるかも・・・

森下 正 教授
明治大学政治経済学部を卒業後、同政治経済学研究科に進学し、博士課程単位取得。
2003年から、明治大学社会連携促進地財本部員として、産学官連携活動を実践。
主な著書に『空洞化する都市型製造業集積の未来』(同友館)、『新事業創造論』(東洋経済新報社)、『中小企業 これからの成長戦略』(東洋経済新報社)、『ネットワーク社会の経営学』(白桃書房) などがある。

詳細なプロフィールはこちら

《生年月日》
1965年7月24日
《年齢》
53歳
《所属》
明治大学政治経済学部
《職格》
専任教授
政治経済学部 経済学科長(2017年4月〜)
《勤務先住所》
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 明治大学駿河台校舎研究棟719号室

このページのトップに移動


■21期生 ゼミ長 小林浩之
 学生の皆さん、こんにちは。森下ゼミナール21期ゼミ長の小林浩之です。
 森下ゼミナールでは、多くの中小企業論関連の書籍を読み込むことに加え、ヒアリング調査や研究会への参加など多くの課外活動を行うことで、企業経営の実態について学んでいます。実際に企業を訪問し、企業が置かれている環境を直に感じ、学ぶことで、大学の講義では得ることのできない知識・経験を得ることができます。
 しかし、人と違ったことをやるからには、甘い考えでは通用しません。特に、ゼミ活動を行う中で、組織運営の難しさを学びます。私たち21期生は、9名の集団ですが、チームとしてまとまって動くことは非常に難しい場面に多く遭遇してきました。調査、研究活動の中でも、最大のイベントであるヒアリング調査を実現していくためには、調査準備、事前資料作りなど、同級生との共同作業が必要となります。調査準備を仲間と共に行っていくなかで、一人ひとりの性格や予定を考慮に入れながら、協力し、助け合いながら作業を進めなければなりません。しかも、永遠に時間があるわけではなく、調査日程は決まっています。だからこそ、日頃から各員が自分の意見を周りに押し付けるのではなく、他人を理解し、自分を理解してもらうことが組織において大切です。これから会社というより大きな組織に所属する際にも、このゼミで組織として活動した経験は活かされていくでしょう。
 最近の大学生は勉強しないとよく言われています。事実、私も大学3年生までは単位を取ること以外に勉強をしていませんでした。しかし、企業が大卒に求めているのは、単位を取るための暗記型の人材ではありません。大学生は高校生とは異なり、社会で生じている多様な事象に対して自らの意思でその原因を探るべく、様々な情報源を調べ、かつ考え抜く能力が必要不可欠です。このような学びに対するモチベーションは、大学の講義で得ることは容易ではありません。
 しかし、森下ゼミでは、ヒアリング調査を通じた経営者の方と対話、あるいはビックサイトや幕張メッセなどの展示会、他大をはじめとする様々な方々が集う勉強会に参加する機会を通じて、多くの刺激を得ることができます。今までの勉強とは全く異なる心に響く本当の勉強を行うことを通じて、必ず将来の役に立つ知恵が身につくはずです。 森下ゼミでは、こうした真の人としての実力を身につけるために、日々研究活動を行っています。今までの大学生活を変えたい、社会で活躍する人材になりたい、将来役立つ経験を得たいなどの意思を持つ学生諸君による入室をお待ちしております。私たちゼミ生と共に学んでいきましょう。

■22期生 ゼミ長 川口直人
学生の皆さん、こんにちは。森下ゼミナール22期ゼミ長の川口直人です。
 皆さんは中小企業と聞いてどんなイメージを思い浮かべるでしょうか。「経営が不安定だ」「大企業には勝てない」などマイナスなイメージを持つ人も多いでしょう。私も森下ゼミナールで中小企業論を研究するまでは同じようなイメージを持っていました。しかし、そのイメージは知識のない学生の一面的な見方でしかないのです。実際には、創業から黒字経営を続けている企業や売上高が100億円以上ある企業、創業から半世紀以上続く長寿企業など、優良な中小企業は数多く存在します。森下ゼミナールでは、中小企業論の研究を通して世間で変化している「いい企業」の概念を考えていきます。
 森下ゼミナールでは、プロゼミや外書講読、サブゼミ、読書感想文などを通して多数の文献を使用し、中小企業論を研究します。読み書きする文字の分量は他の学生とは比べ物にならないほど多いです。しかし、それが大学生の本来あるべき姿であるのです。私たちは「社会に通用する人材」になることを目標にしています。そのためには指示待ちではなく、自ら考え行動することが求められます。森下ゼミナールでの活動を通じて物事を観察し、考え行動する癖を身につけていきます。
 また、通常の講義に加えて課外活動が多いことが森下ゼミナールの特徴です。企業へのヒアリング調査や研究会、展示会への参加などがあります。その際には、社会人や経営者と話をする機会があり、社会で通用する会話力やマナーが身につきます。実際に企業に訪問し、話を聞くことで文献からは得ることのできない「生の情報」を知ることができます。この「生の情報」は皆さんがこれから社会で生きていくうえで必ず助けになると私は思います。
 森下ゼミナールは徹底的に己を磨くことのできる環境です。学生時代の有限な時間を内容のあるものにするためにもより厳しい環境に自らを置き、鍛錬するべきだと私は思います。学生の皆さん、是非森下ゼミナールに入室し、私たちと一緒に「社会に通用する人材」となることを目指しましょう。


このページのトップに移動

太字は新OBの就職先
■製造業・建設業・鉱業
アマダ アイダエンジニアリング 島津製作所 新日鐵住金 小野薬品工業 アドバネクス 武蔵エンジニアリング 小原歯車工業 不二越 日東工器 ソディック オークマ 三菱アルミニウム 小野測器 丸和 ハマサン ビューテック カルソニックカンセイ 京セラドキュメントソリューションズ 日酸TANAKA しのはらプレスサービス 岡村製作所 日本電子 平田機工  マルマテクニカ リングアンドリンク オーデリック 日新シール工業 アルインコ 七星科学研究所 沢井製薬 八千代工業 安川電機 富士フイルム 日立製作所 オリンパス 金子製作所 住友林業 森永乳業 帝人 ファナック 日本ガイシ 横浜ゴム DHC ヤマハ発動機 ウシオ電機 シロキ工業 キーエンス トヨタ自動車東日本(旧 セントラル自動車) ノリタケカンパニー 日本HP(旧 コンパックコンピュータ) 富士重工業 リコージャパン ミサワホーム 河合楽器製作所 セイコーエプソン NECプラットフォームズ(旧 日通工) 三和テッキ ニフコ 日研工作所 ボッシュ(旧 ボッシュオートモーティブシステム) ローム 牧野フライス製作所 スタンレー電気 カネダイ LIXIL 日本シイエムケイ シンワ測定 

■運輸・電気・通信業
日本通運 JBCCホールディングス 西濃運輸 鴻池運輸 ジーエスケイ 日新 ANAテレマート 日本トランスシティ アイティーフォー 東計電算 駿和物流 神奈川中央交通 アイネット リコーロジスティクス ヤマト運輸 ヤマトシステム開発 諸星産業 NTTドコモ 

■金融・不動産業・保険
北海道労働金庫 浜松信用金庫 空港施設 みずほHD 横浜銀行 北洋銀行 中小企業金融公庫 いちよし証券 ライフ JA三井リース(旧 三井リース) 西日本シティ銀行 東海東京証券 損害保険ジャパン日本興亜(旧 日本興亜損害保険) 中央労働金庫 東京建物 三菱東京UFJ銀行(旧 東京三菱銀行) 第四銀行 八十二銀行 エイアイジー・スター生命保険(ジブラルタ生命保険)

■卸・小売業、飲食店
タキヒヨー トモズ パール金属 マクニカ オカベ ニトリ 全日空商事 ドンキホーテ マツモトキヨシ イトーヨーカドー 三洋貿易 コパスティックジャパン トラスコ中山 東急百貨店

■サービス業・ソフトウェア業
セールスフォース 日本アイ・ビー・エム・サービス 日本経営 大塚商会 首都圏リース みらい政策研究機構 休暇村協会 日本ビューホテル 日新情報システム開発 オービック 楽天 創造経営センター マイクロソフト アイヴィス インテック JVプロデュース ホールマン 森ビル流通システム 日本情報産業 キヤノンソフト情報システム(旧 蝶理情報システム) ビジネスコンサルタント P&Dヒロサワ 日本公文教育研究会 SAPジャパン ディスコ 大和総研 エース事務機 アビームコンサルティング フリール トーハン 日本音楽著作権協会 経済情報センター NECインフロンティア ぎょうせい総合研究所 ダイナム エコ・プラン 立川経理 マリオネットコーポレーション

■公務
日本商工会議所 名古屋商工会議所 東京商工会議所 東京都中小企業団体中央会 品川区役所 下松市役所

■起業
個人企業を起業 Art-Value ブリングアウト メンタルヘルステクノロジーズ 計6名(内3名 個人企業)、明治大学大学院(進学3名)


このページのトップに移動


■森下ゼミナール入室試験について
応募学生に対する希望
 共同作業による実態調査と、それに基づく共同卒業論文の作成を行うので、協調性と責任感、 真面目さと素直さがあって、最後まで諦めない根性と忍耐力のある学生を望む。
募集人数

試験方法
面接、筆記試験
学科・コース指定
なし
入室試験情報



   

このページのトップに移動

目次

森下ゼミの活動について
森下先生について
ゼミ生の声
就職先一覧
入室試験について

当ページについて

 このページは明治大学学部生をはじめとした、大学生向けにかかれたページです。
主にゼミ紹介や入室試験情報を掲載しています。その他の情報については上部メニュー及びサイトマップから選択し、閲覧してください。