著書

  1. ファジィ・ニューロ・AIハンドブック,オーム社,1994 (共著)
  2. 講座ファジィ13 ファジィ・コンピューティング,  (ファジィProlog, 日刊工業新聞社, Vol. 13, pp.171-187,) 1995 (共著)
  3. ネットワークセキュリティ, (石橋啓一郎,菊池,松井彩,土井祐介訳) プリンスティスホール,1997 (共著)
  4. Fuzzy Logic for biginners , Masao Mukaidono (著), Hiroaki Kikuchi (訳), 2001.
  5. 情報セキュリティ (IT Text) , 宮地 充子 , 菊池 浩明, オーム社,2003.
  6. 情報セキュリティ事典, 土居 範久 (監修), 佐々木 良一 (編集), 岡本 栄司 (編集), 寺田 真敏 (編集), 内田 勝也 (編集), 菊池 浩明 (編集), 村山 優子 (編集), 共立出版, 2003.
  7. Javaによる情報メディアアルゴリズム入門 , 大原 茂之 (著), 浜本 和彦 (著), 山本 宙 (著), 菊池 浩明 (著), 日新出版, 2004 (共著).

博士・修士・卒業論文

  1. 東海大学 菊池研究室

論文(査読付き)

    2013年度

  1. 鴨志田 芳典 , 菊池 浩明, マルコフ連鎖による合成文章の不自然さを用いたCAPTCHAの提案と安全性評価, 情報処理学会論文誌,54(9), pp. 2156-2166, 2013年9月
  2. Masayuki Ohrui, Hiroaki Kikuchi, NurRohmanRosyid, Masato Terada, Mining Botnet Coordinated Attacks using Apriori-PrefixSpan Hybrid Algorithm, 情報処理学会論文誌,54(9), 2013年9月
  3. Hiroaki Kikuchi , Anna Mochizuki, Privacy-preserving Collaborative Filtering Using Randomized Response, 情報処理学会論文誌,54(9), 2013年9月
  4. Khamphao SISAAT Hiroaki KIKUCHI Shunji MATSUO Masato TERADA Masashi FUJIWARA Surin KITTITORNKUN, Time Zone Correlation Analysis of Malware/Bot Downloads, IEICE TRANSACTIONS on Communications Vol.E96-B No.7 pp.1753-1763 2013年 9月
  5. 2012年度

  6. Hiroaki KIKUCHI Daisuke KAGAWA Anirban BASU Kazuhiko ISHII Masayuki TERADA Sadayuki HONGO, Scalable Privacy-Preserving Data Mining with Asynchronously Partitioned Datasets, IEICE Trans. on Fundamentals, Vol. E96-A, No. 1, pp. 111-120, 2013.
  7. Hiroaki Kikuchi and Hiroatsu Kizawa, Privacy-Preserving Collaborative Filtering Schemes With Sampling Users Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics, Vol. 24, No. 3, pp. 753-762, 2012.
  8. Anirban Basu, Jaideep Vaidya, Hiroaki Kikuchi, Theo Dimitrakos and Srijith K Nair, Privacy preserving collaborative filtering for SaaS enabling PaaS clouds, Journal of Cloud Computing: Advances, Systems and Applications, Springer, Vol. 1, No. 8, pp. 1-14, 2012.
  9. 西垣 正勝 , 渡邊 幸聖 , 小田 雅洋 , 米山 裕太 , 山本 匠 , 高橋 健太 , 尾形 わかは , 菊池 浩明, 曖昧性を含んだ多項式による特徴量関数の秘匿評価を利用したテンプレート保護型生体認証, 情報処理学会論文誌,Vol. 53, No. 9, pp. 2254-2266, 2012.
  10. Naoki Hiroguchi, Khamphao Sisaat, Hiroaki Kikuchi, and Surin Kittitornkun, Geographical Visualization of Malware Download for Anomaly Detection, Seventh Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2012), IEEE, pp. 74-78, 2012.
  11. Tomoki Sato Hiroaki Kikuchi, Synthesis of Secure Passwords, Seventh Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2012), IEEE, pp. 35-37, 2012.
  12. Anirban Basu, Jaideep Vaidya, Hiroaki Kikuch, Perturbation Based Privacy Preserving Slope One Predictors for Collaborative Filtering, Proc. of 6th IFIP WG 11.11 International Conference, IFIPTM 2012, Trust Management VI, Springer, pp. 17-35, 2012.
  13. H. Kikuchi, Anna Mochizuki, Privacy-Preserving Collaborative Filtering using Randomized Response, 2012 Sixth International Conference on Innovative Mobile and Internet Services in Ubiquitous Computing (IMIS 2012), pp. 671-676, IEEE, 2012.
  14. H. Kikuchi, Yoshiki Aoki, Msayuki Terada, Kazuhiko Ishii, Kimihiko Sekino, Accuracy of Privacy-preserving Collaborative Filtering Based on Quasi-homomorphic Similarity, 2012 9th International Conference on Ubiquitous Intelligence and Computing and 9th International Conference on Autonomic and Trusted Computing (ATC 2012), pp. 555-562, IEEE, 2012.
  15. Yoshifumi Kamoshida, H. Kikuchi, Word Salad CAPTCHA - Application and Evaluation of Synthesized Sentences 15th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS 2012), pp. 799-804, IEEE, 2012.
  16. Hiroaki Kikuchi, Kouichi Ito, Mebae Ushida, Hiroshi Tsuda, Yuji Yamaoka, Privacy-Preserving Distributed Decision Tree Learning with Boolean Class Attributes The 27th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2013).

論文(査読なし)

    2012年度

  1. 佐藤智貴,菊池浩明,佐久間淳, 傾向性の検定における秘匿疫学調査プロトコル, 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS 2013), pp. 1-4, 2013.
  2. 佐藤智貴,菊池浩明,佐久間淳, プライバシー保護確率検定システムの実装と評価, 信学技報, vol. 112, no. 315, ICSS2012-55, pp. 61-66, 2012.
  3. 菊池浩明, 利用者認証とフェールセーフ性について, 信学技報, vol. 112, no. 313, SSS2012-19, pp. 11-15, 2012.
  4. 菊池浩明,Anirban Basu, IFIP TM 2012参加報告, 研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC), Vol. 2012-CSEC-58, No. 45, pp. 1-6, 2012.
  5. 菊池浩明,佐久間淳,三上春夫, プライバシーを保護したピロリ菌疫学調査, 2012年度人工知能学会全国大会(第26回), 3I2-OS-20-9, pp. 1-4, 2012.
  6. 小澤 友也, 菊池 浩明, ネットワークのサービス品質に対する対話型アプリケーションの要求条件の評価, マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2012),pp. 1034 - 1039, IPSJ, 2012.
  7. 鴨志田 芳典, 菊池 浩明, マルコフ連鎖による合成文章の不自然さを用いたCAPTCHAの安全性評価と改良について マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2012),pp. 205 - 212, IPSJ, 2012.
  8. 菊池浩明, 伊藤孝一, 牛田芽生恵, 津田宏, 山岡裕司, プライバシー保護決定木学習におけるエントロピーを近似する順序同型関数, コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS 2012), pp 92-97, IPSJ, 2012. 菊池浩明,佐久間淳 Bloom Filter を用いた積集合サイズのベイズ推定とそのプライバシー保護疫学調査への応用 コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS 2012), pp 216-223, IPSJ, 2012.
  9. 川村,生地,小柳,菊池, Hadoopを用いた大規模分散プライバシー保護システムと医療情報統合への応用 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS 2013), 1C1-5, pp. 1-6, 2013.

その他

  1. 安全だけど安心できない,安全でないけど安心できる , 三菱電機技法,巻頭言,Vol. 371,  7月号, 2012.
  2. 日本を元気にするICT:9.日本を元気にするセキュリティ技術, 情報処理, Vol. 53, No. 4, pp. 387-389, 2012.