Cognitive Speech/Sound Processing (CSP) laboratory

Imformation
新着情報

  • 2021.07.01
    ささやき声を生成する「phantom silhouette」法を提案した論文がcoustical Science and Technology誌に掲載されました.大学入試センターの内田教授との共同成果です.
  • 2021.05.27
    森勢研M2の小口純矢さんが日本音響学会の学生優秀発表賞を受賞しました.
  • 2021.05.15
    5/15日放送の「もしもで考える…なるほど!なっとく塾」に出演しました.
  • 2021.05.01
    Acoustical Science and Technology誌に東北きりたん歌唱DBを提案した論文が採録されました.
  • 2021.04.05
    科研費基盤研究(A)に「ビスポーク音声デザインの骨格形成と体系化」という課題で採択されました.
twitter

Research
研究情報

人間がどのように音声を処理し何を手掛かりに複雑な情報を認識しているのか,未だ全容は解明されていません.本研究室では,音声情報処理を中心に認知心理学の考え方も取り入れて音声・音楽の研究を進めています.

Member
メンバー

PI(主宰者):森勢将雅

主に音声を対象に,人間が知覚している情報を計測・制御する技術開発の研究を「Cognitive Speech Processing」として研究しています.音声や音楽の分析・知覚・デザインが研究室で扱う主な研究テーマです.

Activity
活動報告

プロジェクト等

  • 科研費基盤研究(A) 21H04900 代表(2021-2024)
  • 科研費基盤研究(C) 19K12736 分担(2019-2021)
  • JST戦略的創造研究推進事業さきがけ 代表(2018-2021)

学会活動

  • 情報処理学会音楽情報科学研究会 主査補佐 (2021-2022年度)
  • 情報処理学会音楽情報科学研究会 音学シンポジウム 実行委員長 (2019/6)

Publication
業績

著書

  • 森勢将雅:ひたすら楽して音響信号解析,コロナ社,ISBN 978-4-339-00939-2, Jan. 2021.
  • 森勢将雅(日本音響学会編):音声分析合成,コロナ社,ISBN 978-4-339-01137-1, July 2018.
  • 人工知能学会編:人工知能学大事典,共立出版,ISBN 978-4-320-12420-2, July 2017.(「音声分析合成(pp. 775-777 )」担当)
Page Top