Introduction

 ゼミは知的な「ぶつかり稽古」だ!

〜 私の「ゼミ賛歌」に代えて

   西川伸一    

 先日、学生の意識調査に関する論文を読みました。それによれば、「学生時代に打ち込んだことは」と問われて、「アルバイト」と回答する学生が少なくないとのこと。私は深いため息を禁じ得ませんでした。4年間、高い学費を払った対価が「アルバイト」なのか、と。アルバイトをするために大学生をしているとは、なんとも逆立ちしています。

 学生であるからには、勉学や読書に打ち込んでほしい。そうならないのは、大学での勉強は達成感を得にくいからではないか、と思いを巡らせました。

 高校までならば、成績アップや志望校合格などの勉強の達成感を味わうことができました。アルバイトであれば、バイト代という明確な「達成感」を体得できます。大学生がダブル・スクールに通うのも、難関の「○○試験合格」という達成感を得たいからではないでしょうか。

 一方、大学での勉強はそのような即物的な受験勉強を否定するところからはじまります。重要なのは正解を短時間に導き出すことではなく、物事の真理を粘り強く探究することです。そして、真理は必ずしも一つではありません。

 たとえば、鈴木宗男元衆院議員と佐藤優元外務省主任分析官は外務省とその外交戦略を私物化した「犯罪者」なのか、「国家の罠」にはまった悲運のスケープゴートなのか。その点で、佐藤優『国家の罠』(新潮社)はたいへん興味深く読むことができます。

 それでは、大学での勉強で達成感を満たす「場」はないものでしょうか。私はそれがゼミであると考えます。ゼミに入らない学生生活など、大学生として「無」にちかいとまで極論したくなります。

 ゼミでは、学生と教員が様々な意見をぶつけあうことで、真理への接近を目指します。いわば、知的な「ぶつかり稽古」です。「稽古」ですから勝ち負けより、たとえ相手が「横綱」であろうと、物怖じせずに「ぶつかる」ことに意義があります。「稽古」後の達成感は、知的な発汗という爽快なものでしょう。

 私たちのゼミの統一テーマは、「現代日本の政治・行政を実体的に分析する」です。それに基づくテキストや卒論テーマについて各自が報告し、討論を行っています。いろいろな見方が交わるなかで互いに理解を深めていきます。また、「脱線」もしょっちゅうで、むしろ歓迎しています。真理の探究は直線的ではなく、むしろ迂回が必要なこともままあるからです。

 いずれにせよ、知的な「ぶつかり稽古」に挑んでくるゼミ生たちの愚直な姿勢を、私はとても尊重しています。毎回毎回、知的発汗に大きな達成感を得られるーそんなゼミにしていきたいと常に念じています。

2005年6月13日



26期生ゼミ長挨拶

  青木 憲伸  




西川ゼミのホームページにお越しくださりありがとうございます。26期ゼミ長の青木憲伸と申します。
西川ゼミナールでは「国家論」を中心に現代日本の政治行政について学んでいます。
授業では3・4年生合同で、テキストの輪読を通した知識の習得や、卒業論文作成に向けての発表・報告が行われます。発表から抱く疑問などをぶつけあい、闊達な議論が展開されています。

現在、コロナ禍でキャンパスライフが思うようにいかない中、西川先生とゼミ生一同は、愚直にゼミナール活動に取り組んでいます。
生活様式や世界の当たり前が大きく変化した2020年度も、できる限りHPやTwitterなどで西川ゼミの様子を発信していきたいと考えています。
もちろん年度末には機関紙『Beyond the state』を発行しますので、一年間の成果をぜひそこで見ていただけたらと思います。

2020年11月26日


ホームページ開設にあたって

25期生ゼミ長挨拶
24期生ゼミ長挨拶
23期生ゼミ長挨拶
22期生ゼミ長挨拶
21期生ゼミ長挨拶
20期生ゼミ長挨拶
19期生ゼミ長挨拶
18期生ゼミ長挨拶
17期生ゼミ長挨拶
16期生ゼミ長挨拶
15期生ゼミ長挨拶
14期生ゼミ長挨拶
13期生ゼミ長挨拶
12期生ゼミ長挨拶
11期生ゼミ長挨拶
9期生ゼミ長挨拶
7期生ゼミ長挨拶

TOP