上野研究室

概要

建築環境計画研究室では、音・光環境を中心に、環境心理アプローチによって快適空間を追及する研究を行っています。
ゼミナールでは、建築空間,都市空間を対象として,人の心理・生理面から環境の評価を調べ、よりよい空間の提案目指す環境心理学の方法を学んでいます。
環境と関わる人の心理モデルについて概観し、人の印象・評価を定量的に把握するための調査方法や,調査によって得られたデータを分析をする手法を学んでいます。
また,音・光環境を物理的に把握するための測定技術を身につけ,室内環境を実験的に再現して行う実験室実験の方法を学んでいます。
こられらの手法によって得られる人の反応(心理・生理量)や環境条件の測定値(物理量)から,環境の評価や改善提案を行う道筋を考えています。

近況報告

近日のイベントについて