井垣 清明 書  


 湯之盤銘曰 苟日新 日日新 又日新 (『大学』)

訓 日に新たに、日日新たしにして、又日に新たなり。
古訓 日に新たにせば、日日に新たにして、又日に新たならん。


 殷の湯王が洗面器に彫りつけて自戒とした言葉であり、専任教員着任に際し、書家の井垣清明氏(「書の世界」へ)よりお祝いとして頂いたものである。
 英語の時制で「日新」を原形もしくは、現在形、「日日新」を現在進行形、「又日新」を未来進行形で、と考えたらよい、と教えていただいた。