名前空間、、、何じゃ、そりゃ?


REC-xml-names-19990114 にあるXMLネームスペース(XML名前空間)について少々、、、

むぅ、、、よぉするに、REC-xml-names は、

として、一見同じでも、実はそぉじゃないと区別するためのものではないかと。

ここで出てきたPHMiurajをPrefixedAttName というそうです。

んで、実際に宣言するときは、例えばルートエレメントの宣言なんかで、

<その要素名 xmlns:PrefixedAttName="URI">

として定義して、文書の中で、

<お名前(Prefixed...):要素名>

みたいにするそうです。で、上記URIを「ネームスペース名」というそうで。

URIは、http://www.isc.meiji.ac.jp/~miuraj/index.html みたいに 宣言すればいいので簡単。

ただ、これらの宣言や何やらは、必須ではないので、自分や内輪でXMLを使っている分 には、名前空間がどぉしたとかは、気にしなくても済む話といえば、言えないこともないかなと、、、
# そぉいう環境だったら、そもそもXMLを使う必要がないんですがね。

ただ、これを導入すると、

が同時に使える(?表現として不安が、、、)ので、極端な話、いろんなDTDのいいとこ取りした文書も作成(?)できないこともない。DTDの共有とでもいいましょうか、、、 便利といえば便利かなと。
細かい話は、いずれ、もう少し勉強してからということで、ご勘弁を(^ ^;
目次
miuraj@isc.meiji.ac.jp