イメージマップ-その2-


HTMLのIMGタグの拡張された属性(USEMAP属性)と拡張されたタグ(MAPタグ)を使う、イメージマップです。CGIは使いません。作成手順は大体以下の通りです。
  1. 絵を作成する。
  2. 座標、リンク先などを決める。
  3. IMGタグにUSEMAP属性を指定する。値はマップの名前。
    	<IMG SRC="/~miuraj/images/dragon.gif" USEMAP="#MAP2" ALT="image map">
    
  4. MAPタグ、AREAタグで、座標、リンク先を指定する。
    例えば、
    
    <MAP NAME="MAP2">
    <AREA COORDS="25,45,120,80" HREF="http://www.meiji.ac.jp/meiji/isc/center/isc-logo.gif">
    </MAP>
    
    のように指定する。
    

ロゴマーク、目、手、の部分を選択すると、別のファイルが参照できます。

image map

以上の方法は、座標とリンク先をブラウザーが判断するので、client-side imagemapと呼ばれます。
miuraj@isc.meiji.ac.jp