明治大学理工学部 機械工学科 材料力学研究室

Strength of Materials Laboratory

卒業生の主な就職先

自動車関連:本田技術研究所,SUBARU,いすゞ自動車,スズキ,日立オートモーティブ,ヤマハモーターエンジニアリング.コマツ,トヨタ車体

重工業,プラント:IHI,日立製作所,JFEプラントエンジ

運輸系:JR東海,JR北海道,名古屋電鉄,JAL,総合車両製作所

公務員系:特許庁,東京都庁,警視庁,消防庁

精密機器,電子機器,文具:キヤノン,シャープ,ダイキン,トンボ鉛筆,三菱鉛筆,JVCケンウッドエンジニアリング,アンリツ

建設,土木:LIXIL,大阪住友セメント

産業機器,機械部品:大同信号,NOK,オークマ

IT:ソニー・インタラクティブエンタテインメント,富士通

 

研究室の1年間の様子・卒業生の進路など

4月〜6月
4年生が本配属となります.M2と就職希望の4年生は就職活動と研究の両立でとても忙しい時期となります.修士1年の一部は学会発表デビューの時期です.卒業生の進路は本ページ下に代表的な企業を記載しています.

7月,8月
4年生は本格的に研究を進めていく時期です.大学院生は夏,秋の学会シーズンに向けて予稿原稿を提出する時期です.また,進学予定者は大学院入試の時期です.打ち上げもあります.
なお,材料力学研究室では直近5年間では
4年生の約5割が進学,5割が就職となっています.

9

4年生は中間審査に向けてポスター作製や発表練習を行う時期です.大学院生は秋の学会が多くある時期です.また,ISMAIという韓国慶尚大学との合同発表会(英語発表)が毎年この時期に開催されます.

10月,11月
4年生は中間審査会でポスター発表があります.この時期は特に海外での国際学会も多く,大学院生は学会の準備で非常に忙しい時期です.これより後は,学部4年とM2は修士論文作成に向けて内容をまとめる時期となります.3年生仮配属もあります.

12月

卒業論文,修士論文を執筆し始める時期です.M1は中間審査会があります.この時期は大学院生の学会参加は少なくなりますが,2019年度はタイ機械学会主催のTSME-iComeに参加しました.

1月〜3
卒業論文審査会,修士論文審査会,大学院
2期入試とイベントが多く,1年で最も慌ただしい時期です.3月になると,一転して最も閑散としている時期になります.卒業式で1年が終了して,M2と学部4年生が巣立っていきます.