title





MEIJI AVIATIONS' EQUIPMENTS





機体


Grob103 Twin-Ⅱ (JA2284)

コールサイン 明治Twin-Ⅱ(ついんつー)
登録記号 JA2284
生産国 ドイツ
全長 / 全幅 / 全高 8.10m / 17.50m / 1.55m
自重 390kg
最大離陸重量 580kg
乗員 2名
最良滑空比 36.5
最小沈下率 0.64m/s
超過禁止速度 250km/h
失速速度 66km/h(単座)
75km/h(複座)


新入生が部活に入ったらまず初めに乗る複座の機体。twinで操縦になれ21に移行しソロを目指す。
操縦が難しいと言われているが性能は結構いい。整備など手間がかかるが部内にファンも多い。




Alexander Schleicher ASK21 (JA21MA)

コールサイン 明治21(にじゅういち)
登録記号 JA21MA
生産国 ドイツ
全長 / 全幅 / 全高 8.35m / 17m / 1.55m
自重 360kg
最大離陸重量 600kg
乗員 2名
最良滑空比 34(90km/h)
最小沈下率 0.65m/s(67km/h・単座)
0.72m/s(76km/h・複座)
超過禁止速度 280km/h
失速速度 65km/h(単座)
72km/h(複座)


グライダー界の世界的ベストセラーであるASK21。うちの子も例に漏れず、優等生である。
性能が良すぎてこの機体に慣れると腕が落ちるという噂も…。入部後の最初の目標はこの機体で初めてのソロ飛行となるだろう。




Alexander Schleicher ASK23 (JA2381)

コールサイン 明治81(はちいち)(大会では明治23(にじゅうさん)
登録記号 JA2381
生産国 ドイツ
全長 / 全幅 / 全高 7.05m / 15m / 1.37m
自重 240kg
最大離陸重量 360kg
乗員 1名
最良滑空比 34(90km/h)
最小沈下率 0.66m/s(74km/h)
超過禁止速度 215km/h
失速速度 62km/h


ASK21の姉妹機であるASK23を明治大学航空部では81と呼ぶ。
初めて乗る単座機として優秀な練習機ではあるが、大会優勝経験があったり侮れない性能を持つ。
しかし、整備のしにくさと不調の多さから「じゃじゃ馬」と言われることも。




Glaser-Dirks DG101G (JA2377)

コールサイン 明治D1(でるたわん)
登録記号 JA2377
生産国 ユーゴスラビア
全長 / 全幅 / 全高 7.00m / 15.0m / 1.50m
自重 230kg
最大離陸重量 418kg
乗員 1名
最良滑空比 39
最小沈下率 0.59m/s
超過禁止速度 260km/h
失速速度 62km/h


明治大学OB会所有の機体。日本国内でも珍しく、大学航空部で持っているのは明治だけである。
大会に出るととても注目され、部員は最終的にこの機体に乗るのを目標にしている。もちろん性能もよい。





車両


SKY LAUNCH

2018年5月にイギリスからはるばるとやって来た。
軽油で動いてくれるV8気筒ディーゼルエンジン搭載、デザインも中身も最高、黄色い虎の子ウィンチちゃん。



LAND CRUISER

通称ランクル、正式名称ランドクルーザー(LAND CRUISER)。
主にウィンチを移動させるために使用するが、高級車であるため乗り心地は抜群。
我ら明治大学航空部車両のエース。



REGIUS ACE

トヨタのレジアス。トヨタの車だけあってものすごく丈夫だ。
普段は機材や部員の荷物をこれまでかと言うほど沢山積んでいる。
また9人乗りで買い出しや送り迎えなどいろいろな面で活躍している。なくてはならない存在だ。



RAV4

トヨタのrav4。4駆でパワーがあり21トレーラーも軽々牽引できる。
買い出しなどの様々な面で使われている。かっこいい車。



LEGACY

レガシーの直進性能には目を見張るものがある。
滑らかな加速、坂道でも軽々トレーラーを牽引するパワーを持ち合わせる。
ただし、曲がるのは苦手で、曲がりきれず切り返してる部員をたまに見かける。



CARRY

何百キロの土から人までなんでも運べる万能屋。
策引き車としても使われるが、マニュアルであることから苦戦する人もちらほら。
今は亡きもう1台の軽トラと区別するためにキャリーと呼ばれることもある。。



eK WAGON

人や荷物を運んだり、機体を牽引したりと何かと使用頻度の高い軽自動車。
パワーに見合わない大きなエンジン音たてて酷使される姿を見れば応援したくなるはず。
悲鳴みたいに聞こえることもしばしば…



OREC

どんな草も一瞬でバッサリ、部にある草刈り機の中で最も速い。
乗り心地はゴーカート、コスパ最高草刈り機。



BARONESS

草刈りに使う。
立ちながらの草刈りなため疲労は溜まるが、こいつが居ると居ないとでは草刈りの効率が段違い。
滑走路の安全を担う守護神。



Kubota

草刈りに使う。草刈機は3台あるが静粛性に最も長ける一方で効率性は劣る。
ある程度草を刈った後、二度刈りの際に使用すると草丈が揃えられ農地が滑走路に変わる魔法の乗り物。



トレーラー

入る機体でそれぞれ形が変わってくる。
最大の四輪の21トレーラー、二輪で大きめTwinllトレーラー、この2つに比べれば小さめな23・DGトレーラーがある。
トレーラー



訓練施設


宿舎・格納庫

代々受け継いできた我が部の宿舎が左(スマホでは上)の写真。食堂やob部屋、男士部屋、女子部屋などがある。つまりBefore。
現在の宿舎は新築ピカピカの宿舎である!!!(写真右or下)2020年11月に引っ越した。
綺麗すぎて居心地が良く、週末だけでは勿体ないと感じるほどである。
以前の宿舎と一番異なるのは、宿舎と格納庫が同じ建物にあることだ。これによりQOLがかなり上がった。
総工費を聞いたらそこのアナタ、腰抜けちゃうと思うよ。笑



格納庫

この格納庫は去年まで使用していた。車庫ではなく格納庫!整備のときに機体を格納することができる。
が、ふだんは車を駐車している。部員はここで車の駐車の腕が上がる。
いまは使われなくなった歴代のグライダーたちも眠っている。



宝珠花滑空場

明大航空部で管理している滑空場。北風発航の際は「33(すりーすりー)」、南風発航の際は「12(わんつー)」を用いる。
大学航空部で滑走路を自前で管理しているところはかなり珍しい。
関東の大学の多くは妻沼滑空場でスケジュールを組んで飛行訓練を行っているが、私たちは基本的にここで活動している。
そのため着陸料などがかからず部費が安いという利点も…!



施設概要


滑空場の名前 宝珠花滑空場(HOJUBANA KAKKUJOU)
所在地 埼玉県春日部市西宝珠花地先 江戸川右岸河川敷
河川占用者 明治大学体育会航空部
管理者名称 明治大学体育会航空部
管理者住所 〒345-0003 埼玉県北葛飾郡杉戸町字木野川 堤外20
管理者電話 048-748-0979
メールアドレス thekoukuubu@hotmail.co.jp
滑空場の位置 (標点)北緯36度02分04秒・東経139度48分07秒
標高・方位 標高9.0m 磁方位330/120
長さ・幅・面積 1,000mk×60m 占用面積60,000㎡
無線局 HF26.342MHz
最寄りの航空施設 関宿滑空場(SEKIYADO FLIGHT SERVICE 130.65MHz)





Back Top