資源利用史研究クラスターとは

 資源利用史研究クラスター(CLUSTER FOR HISTORY OF RESOURCE UTILIZATION)は「資源利用史からみた日本先史文化の学際的研究」をテーマとして2017年4月に特定課題研究ユニット日本先史文化研究所を母胎として組織されました。
 悠久の人類の営みはヒトと環境の相互関係史として考えることができます。日本考古学ではこれまで主に遺跡に残された遺物や遺構の集成と分類を中心とした研究が進められてきました。本研究所ではこれまでの蓄積を基盤として、ヒトが自然物をどのように有用化(資源化)したのかという視点を設け、資源利用史というキーワードを用いた学際的研究を進めています。
 また、私たちは1つの仮説を複数の手法で多視点的に分析することによってその妥当性を検証するために、先史考古学・動・植物考古学・応用有機化学、人類学・同位体生態学・古病理学などを導入した学際研究を組織しています。

更新履歴

 2017/12/02 研究活動を更新しました

 2017/11/25 ホームページを大幅に更新しました