センター概要



 本センターは環境論および環境法分野における専門法曹養成に係わる研究および教育を実施することを目的として、法科大学院設置に伴い、2004年に設置された。その後、2006年から「環境法政策研究並びに教育支援に係わる総合的取り組み」を特定課題として、学内の特定課題研究所として、環境関連学会との連携活動にも着手し、今日に至っている。現在は、環境法政策学会・環境アセスメント学会・(公社)環境科学会・日本土地環境学会・人間環境問題研究会・国際比較環境法センターなどの環境関連学会との連携を図り、シンポジウム、講演会、研究発表会等の開催やその支援のほか、外部資金からの受託研究を実施している。