研究ブランディング事業 Math Everywhere 「数理科学する明治大学」

明治大学は文部科学省の平成28年度「私立大学研究ブランディング事業」に採択されました。これを受けて先端数理科学インスティテュートでは、学長のリーダーシップの下で5年間の本事業において、自然や社会に起きる様々な複雑な現象に関連する5つのテーマについて数理モデルを構築することにより理解を深め、既存の学問領域では捉えきれない現象の解明に取り組んでいます。
ここでは、「金融危機の解明に向けたモデルからの接近」をテーマとしたプロジェクトチーム(金融チーム)の活動について報告します。

金融チームの紹介

本研究チームは文系理系の枠組みを超えた多面的な研究体制で研究に臨んでおり、不動産や株式・為替・金利・デリバティブといった金融資産市場、消費および経済政策など景気の動向、保険リスクなど金融・経済分野に精通した研究者や、大規模データの探索・統合の統計的手法の開発を担当する統計科学・数理科学の研究経験が豊富な研究者をメンバーに迎えています。

青沼 君明 明治大学グローバル・ビジネス研究科
浅井 義裕 明治大学商学部
乾 孝治 明治大学総合数理学部
北岡 孝義 明治大学商学部
北川 源四郎  明治大学MIMS/東京大学数理・情報教育センター
国友 直人  明治大学政治経済学部
佐藤 整尚  明治大学MIMS/東京大学経済学研究科
田中 美栄子 明治大学総合数理学部
田野倉 葉子  明治大学先端数理科学研究科
中村 和幸 明治大学総合数理学部
中林 真理子 明治大学商学部
松山 直樹 明治大学総合数理学部
山村 能郎 明治大学グローバル・ビジネス研究科

 

 

MIMS-RBP Statistics & Data Science Series

 

このシリーズは、金融チームのメンバーおよび学内外の共同研究者による研究成果の迅速な公開および本学のブランディング向上に向けた研究・教育活動に関する記録を目的としています。関連した研究テーマに関する未公刊の論文、研究集会予稿集、有意義な講演資料などを収録し、広く社会に向けていち早く研究成果を公開するものです。詳細はこちら