情報処理1/情報処理実習1

本ページは,機械工学科 情報処理1・情報処理実習1のテキストである.
授業の進捗に応じて随時更新するので,各自で最新の情報を確認すること.



目次

第1回 イントロダクション (4/12)

第2回 はじめてのプログラミング (4/19)

第3回 プログラミングの基礎 (4/26)

第4回 制御文(1):条件分岐 (5/10)

第5回 制御文(2):繰り返し (5/17)

第6回 ここまでのまとめ (5/24) 課題

第7回 関数 (5/31)

第8回 配列 (6/7)

第9回 文字列,様々なデータ型 (6/14) 課題

第10回 中間テスト (6/21)

第11回 ポインタ変数 (6/28)

第12回 ファイル入出力・ポインタ変数2 (7/5)  課題

第13回 構造体と共用体 (7/12)

第14回 実技試験 (7/19)


実習課題 解答例



自宅PC/Macへのインストール

ここを参照して,自宅PC/Macへ開発環境(エディタとコンパイラ)をインストールしよう.


実習課題の提出方法

本実習では,プログラミング実習の課題(宿題)を毎週出す.
以下の手順に従ってzipファイルを作成し,その後,所定の方法でOh-oMeijiにファイルをアップロード(提出)すること.
情報処理1と情報処理実習1を一体として進めるため,実習課題は原則として4限目の「情報処理実習1」に提出する.
(ただし,履修科目の都合で,3限のみ履修申告の場合は,この限りではない.個別に申し出ること.)

(1)提出用zipファイルの作成

  1. 作成したソースファイルなどに正しい名前をつける.下記のテンプレートを参照のこと.
  2. まず,フォルダー内に有るソースファイル等を,CTRLキーを押しながら左クリック(複数ファイルの選択)し,すべて選択.
  3. 選択した複数のファイルのいずれかの上で,右クリック,メニューが開く
  4. 「送る」「圧縮(zip形式)フォルダー」で,1つのzipファイルに圧縮.ファイル名を153Rxxxxxx-yy.zipとする.(xxxxxxは学生番号,yyは実習の第何回目か)

できあがったzipファイルをダブルクリックすると,中身が見えるので,すべてのファイルが含まれているか確認する.(zip内にフォルダを作らないこと.)

(2)ファイルのアップロード(提出)

提出用zipファイルを作成したら,以下の手順で(提出)する.

  1. Oh-o Meijiにログインする.
  2. この授業のページを開く.(情報処理実習1を選択する).
  3. 「レポート課題」の指示された場所にzipファイルを提出する.
  4. 念のため,アップロードされたファイルを再度ダウンロードして確認する.
  5. 提出期限は,授業のある週の週末,日曜日の23:30迄とする.(なるべく早く提出すること.)

提出期限を厳守すること. 提出遅れは一切評価しない.

アップロードが正しく完了しているかの確認は,各自の責任で行うこと.

課題作成にあたっては,下記のテンプレートを使用すること.
(必要な情報が記載されていれば,各自で作成しても良い.)

cppファイルのテンプレート(課題提出用)「右クリック」「対象をファイルに保存」でダウンロード


オフィスアワー

5組:木曜日5,6限(16:20-19:30)
6組:金曜日5,6限(16:20-19:30)
ロボット工学研究室:D103


参考サイト